30歳から大自然体験!!

毎日仕事ばかりでなく ちょっとした時間に童心に戻って見ませんか?
 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ クチコミblogランキング TREviewにほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『キャンプのつづき!!』

夜中にトイレに行くこと三回・・・

まともな睡眠は取れぬまま『ウトウト』していると目覚ましが鳴りました!

時計は朝の4時40分です。

『今日は朝焼けを見なければ!』


うっすらと夜が明け始め、辺りが少し明るくなりました。

私は家族を起こして『朝焼け』を見る準備を・・・

みんなスヤスヤ・・・起こすのは可愛そうですが・・・↓
q2.jpg

下の王子起こしたら大発狂でした!そうですよね?いつもはこんな時間に起きませんから・・・

しかし、置いていくのも怖いので無理矢理おんぶして出発! (苦笑!

友人達もすでに起きて準備をしています。

テントから出ると外はヒンヤリとしていて、テントも朝露でボタボタ・・・

私は下の王子をおんぶして丘の上まで登ります。

サイトから数百メートルのその場所はまだ薄暗く、

上りの階段もよく見えませんでした。

少し明るくなってきた! ↓ ↓ ↓
q5.jpg

ちょうど太陽が上がる場所を山がふさいでいてなかなか見えてこない。

朝の空気の冷たさを感じながらみんなで待ちました。

みんなで記念撮影!↓ ↓ ↓(ちょっと暗すぎたかな?笑!
q4.jpg

下の王子はサンダルがないためずっとおんぶ状態・・・

寒かったのでちょうど良かったかも知れません。

アウターもなかったので妻のパーカーにくるんで日の出を待ちました。

そして、待ちに待った日の出!! ↓ ↓ ↓(ライオンキングの図!!
q6.jpg

雲海を見下ろしながらの日の出は最高でした!

友人達も『おおー!すごいねー!』と喜んでいました!

雲海の美しさ!! ↓ ↓ ↓ (友人撮影の下の二枚!
k2.jpg

普段見ることがないので感動です!自然の雄大さを感じました!
k3.jpg

前日と天気はどこへやら・・・ 快晴のすごく気持ちのいい朝でした!

みんなでいっぱい記念撮影をしてサイトに戻りました。

上から見たキャンプサイト!↓ ↓ ↓(中央が私達のテント!貸切です!
q3.jpg

写真中央から少し左側に見える原っぱがキャンプサイトです。

昨日の『雷』の為、駐車場よりにテントを張っているのが分かりますね。

前日、風が強かったので車でカバー!↓ ↓ ↓
k1.jpg

雷が鳴り出したらすぐ避難できるように車をつけてあります。


朝早かったので子供達は朝食までの間遊んでいました!↓ ↓ ↓
q7.jpg

私達の王子は朝早かったので食後、テントで仮眠を取っていました。

私も睡眠不足でかなり眠かったです。

夜寒かったので寝袋で寝るにはちょうどよかったです!

前回の『日御子のキャンプ』が夢のようです。

『一度、冬のキャンプに行ってみたいなー!』と妻と話したほど気持ちよかったです。

私達は仕事柄、冬は遠出できないので残念です。

朝食は簡単にパンとスープですませました!↓ ↓ ↓
q9.jpg

私は買い物の時、袋にパンを適当に入れたためにパンがつぶれていました。

『パンがつぶれてるー!』と友人の奥さんに指摘され、前回友人達と行った『ほどの』の時も、

『あ!そういえば俺が入れてつぶれていた・・・』と思い出し、

学習能力がないと後悔・・・っというかキャンプに行く楽しさで気にならないのです・・・(すいません!


食事の合い間に上から撮ってみました!↓ ↓ ↓
q8.jpg

コールマンのスクリーンテント・・・

買ったのはいいけど使い勝手悪くて困ってます・・・売るに売れないし・・・

今回のように人数が多い時は設営も楽でいいのですが、

私達だけの時は張ろうと思いません!(泣! もったいない!

見た目以上に建てにくいテントです。 皆さんも購入前によく検討してくださいね!


帰り道に『日本の滝百選』に入っている、

『竜王の滝』を見ていくことにしました!

山荘から車で10分ほどの場所にあります。

滝までは駐車場から徒歩20分ほでした。(行きは上りが多くてしんどかった・・・

こんな感じの山道をトコトコ・・・↓ ↓ ↓
q12.jpg

下の王子は楽ちんでいいね!↓ ↓ ↓
q11.jpg

子供達は本当に元気です。山道をポンポンと走って上ります。

『俺も子供の時はあんなに元気だったかなー』

ヒーヒー息を切らせながら思いました・・・(笑


神秘的な森の奥に滝発見!↓ ↓ ↓
q13.jpg

誰かいますね? 誰でしょうか? (妻です・・・苦笑!

もう少し高さがあるのですがいい画像がありませんでした。(すいません!

うっそうと茂った杉林の中にあって、とても神秘的な感じがしました。

滝つぼにはアメゴが泳いでいました。(王子は網ですくおうと必死!

最初に滝を見つけた人はすごいですね?

道なき道を歩いて見つけるんでしょうね?

どこかの山奥にはまだ知られていない滝が多く存在するのでしょうか?


私達はかなり多くのマイナスイオンを楽しんだと思います。

最高の森林浴をさせてもらいました! (人はやっぱり自然に近い方がいい!

王子はなんだかわからない???魚をすくっていました。

滝から流れ落ちた水の冷たさは私達を素直な気分にさせてくれる、

太古からの時間の流れを、自然の流れを感じさせてくれてるようでした。

数え切れないほどの旅人がこの滝を前に何を想ったのか・・・

ドラえもんの道具で感じてみたいと思いました!(できないけどね!

滝に別れを言い、私達は帰路につきました。



最後に・・・

この夏最後のキャンプとなった今回。

友人家族との『ほどのでの約束』が実現して本当によかったです。

私達は友人に『次回は標高の高い場所へ』と思っていたので・・・

お互い仕事がボツボツとはじまり、都合をあわせてのキャンプ。

『雷』で断念か?と思いましたが、結果いい時間が持ててよかったです。

この夏の最後を見事飾ってくれました! よかった!よかった!

来年の夏もまた、友人達と楽しい思い出を探しに行きたいです!

楽しい思い出をありがとう。 また来年もよろしく!





そんでそんで・・・

下の王子のサンダルの話・・・

妻はキャンプの間ずっとサンダルが気になっていたようです。

『たぶん、落とすなら川遊びした帰全山しかない!』と私達は思っていました。

友人達と別れ、一路、帰全山に向かいました!

前日車を停めていた場所をくまなく探すもありません・・・

トイレで掃除をしていたおばさんに聞いて見ましたが『見てないなー』の一言。

歩いたであろう場所から、捨てられそうな場所などさんざん探すも発見できず・・・

『ここじゃないんかなー?』と妻。『誰か持って行ったとか?』と私。


結局、諦めて帰ることにしました。

車を出して、諦め切れなかった私は車をゆっくり走らせながら公園を後に・・・

国道へ出る手前で橋の近くに白いものが・・・

『あったぞ!』と私は叫びました!

間違えなくそれは王子のサンダルでした!

公園から数百メートルは離れた場所です・・・

『なぜ? なぜこんなとこに?』私達の頭の中は???でいっぱい!

考えたあげく、

妻の推測は『昨日、帰全山を出るとき王子がすごくぐずっていたので、

その時投げ捨てたのでは?』

と・・・

私の推測は『昨日、私達が車を停めていた場所で誰かがサンダルを見つけ、

帰る途中で捨てたのでは?』と分かれました・・・


皆さんはどう思いますか? ってどうでもいいですね!

見つかって本当よかった!

ラッキー!

サンダルを貸してくれた友人家族にありがとう!


最後まで読んでくれてありがとうございました!


























スポンサーサイト

王子と散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『仕事が始まり・・・』 | HOME | 『水の少ない川には・・・』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。