30歳から大自然体験!!

毎日仕事ばかりでなく ちょっとした時間に童心に戻って見ませんか?
 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ クチコミblogランキング TREviewにほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜の川へ 完結編!

「がはは! どうだ俺の爪は・・・・と」
私つめ切ったばかりで、爪立ちませんでした。

ですがそこは30歳パワー(何じゃそりゃ?)
指先に意識を集中し、まるでフリークライマーのごとき指の力で、なまずを押さえ込みました。

「いけるかもしれない・・・」
なまずは私の手の中で暴れますが、私の右腕はがっちり押さえてます。
私はそのままゆっくりと腕を上げ始めました。

テトラの間で水しぶき上げながら、なまずはその黒くヌルヌルした体を見せ始めました。
「うえー 気持ち悪い」
懐中電灯は脇に置いていてよく見えなかったなまず君。
やっぱり夜見ると気持ち悪い。
なんとか私はなまずを穴から上げることができました。
「や・やったー おーい! 王子捕ったぞー!」

「えーなになにー うなぎー?」
遠くにいた王子が、懐中電灯が飛んでいかんばかりに、テトラの上をこちらに向かって跳んできます。

「うえー なんじゃそりゃー うきゃーげー」 王子の見た感想です。
次のセリフはやっぱり。

「たべよ。 たべよー!」  やはりそうきたか・・・

王子は図鑑でなまずが食用できると知っていたので、まあ そうくると思いました。

ちなみに私は捕まえるの好きだけど、食べるのはあんまりって人です。

「蒲焼にしたらうまいらしい。」 しかし・・・ 誰が・・・ これを・・・

帰りの夜道、興奮気味でべらべらしゃべる王子の隣り、なんか子供のころ感じた優越感にひたってました。
私 「しかし 大きいなー 食べれるかな?」
王子 「こんなん まだ小さいよ もっとおおきのおるで」 「またつかまえよう」

「なまずはもういいやー」と心の中で思いつつ、たぶんまた見つけたら挑戦する私でした。




スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

王子と散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アフィリ・・・ | HOME | 月に自分の土地が!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。