30歳から大自然体験!!

毎日仕事ばかりでなく ちょっとした時間に童心に戻って見ませんか?
 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ クチコミblogランキング TREviewにほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『もうすぐ2月?』

早いですね。

もう二月かー 節分の季節かー 鬼が来るなー。

下の王子の保育園には最近が来るらしい・・・


簡単にあらすじを・・・

節分の季節にちなんで先生たちが、『子供と鬼のふれあい』を計画。(毎年のお話・・・

鬼は何度か園を訪れ、子供たちも鬼の家?を訪問。ある時、悪い鬼が園に来襲!と。

恐らく、日本全国の園で似たような行事があると思います。


で、下の王子が鬼に会った時のお話。



先生が変装している鬼はどうやら王子には分かるらしい。

しかし、先生意外なら泣き喚くらしい・・・

子供たちにとって『鬼』最強最悪の怖い存在。

私も子供の頃はそうだったと願う。

下の王子が『鬼のお面』をつけると年下の子は泣くらしい・・・(笑!



私も以前、『鬼』になって保育を襲撃したことがあります。

子供たちが下の階で何かの準備をしている間に、

私は二階でタイツを履いて、チョンバレのカツラ、張りぼての金棒を持って待機・・・


筋書きは『私が現れて先生を捕まえる!&子供たちの救出劇&度胸試し!』


合図で私が階下に下りて行くと・・・

子供たちは私に釘付け! そして必死やじを飛ばしてくる・・・

『これが子供たちの言葉か?』と思うような汚い言葉で。 

私は『ほー 威勢がいいな?』と少しずつ子供たちとの距離をつめて行く・・・

すると、

子供たちはみんな固まって『おしくら饅頭』状態。

しかし、視線は私、やじも『モゴモゴ』言いながら何か言いたそう・・・

そこで、私が張りぼての金棒を振り回すと・・・

子供の表情がひきつり始めて・・・超逃げ腰でおしくら饅頭も臨界点を突破!

最後に私が『ぐおおおお! 喰ってやる!』と言って走って行くと、

まさしく蜘蛛の子を散らすごとく、子供たちが発狂しながら散開!


泣き喚く子も入れば、

『ちゃんとご飯食べます!』と叫ぶ子や、『もうしません!』と意味不明な子も・・・

私も子供たち支離滅裂な言葉に爆笑して、涙チョチョ切れながら追い回しました!(ごめんね!


いやー子供はいいね! 純粋で! 



下の王子も今日の昼間、

鬼に言い寄られて、『おしっこちゃんとします!』と叫んでいたらしい・・・(笑

王子は『ごーおんじゃになって闘った!』と言っていたが・・・


さて、

本番は誰が鬼をするかな?


王子よ!負けるなよー!



スポンサーサイト
王子と散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。